中小企業のための業務改善WEBメディア|ビジグー » 中小企業の業務改善お役立ちCOLUMN » 中小企業の業務改善に活用できるフレームワーク

中小企業の業務改善に活用できるフレームワーク

業務改善は企業の成長に欠かせないプロセスですが、具体的な取り組み方がわからない中小企業も多いのではないでしょうか。そこで役立つのが業務改善に役立つフレームワークです。この記事では、中小企業が活用できる業務改善のためのフレームワークと活用方法について詳しく解説します。

業務改善に活用できるフレームワークの具体例

業務改善におけるフレームワークとは、業務の改善や効率化を図るための手法のことです。ここでは代表的なフレームワークを紹介していきます。

5W2H

5W2Hは、問題解決や計画作成に役立つフレームワークです。

上記7つの視点から業務の詳細を分析し、問題の特定や解決策の策定を行います。

ECRS(イクルス)

ECRSは4つの要素を合わせたフレームワークで、それぞれ以下の意味を持ちます。

不必要な業務を削除、同種の業務を結合、業務の順序を適正化、業務を単純化することで、業務の効率化と生産性の向上を目指します。

PDCAサイクル

PDCAサイクルは、ECRS同様に4つの頭文字を合わせたフレームワークです。

上記のサイクルを繰り返すことで、業務改善を進めていきます。継続的な改善と学習を繰り返し、業務の質を向上していきます。

ロジックツリー

ロジックツリーは、複雑な問題や課題を分解し、全体像を明確に理解するためのフレームワークです。

問題点を可視化するため、ボトルネックを特定したいときに活用できます。

KPT

KPTは比較的簡単に取り組めるフレームワークの一つで、以下の意味を持ちます。

特定の業務やプロジェクトを振り返り、改善点を洗い出すのに有効です。

中小企業が業務改善にフレームワークを活用する際の注意点

中小企業が業務改善のためにフレームワークを活用する際は、いくつか注意点を押さえなければ得られる効果が薄くなってしまいます。

課題を明確にしておく

フレームワークを活用する際は、まず解決したい課題を明確にしておくことが重要です。具体的な課題が定まっていることで、適切なフレームワークの選択や効果的な改善策の策定が可能になります。

現場で情報を共有する

業務改善は、現場の意見やフィードバックが必要です。フレームワークを用いて業務分析を行った際には、現場と情報を共有し、現場の視点や意見を取り入れることが重要です。そうすることで、効果的な改善策を練ることができます。

効果検証を実施する

業務改善策の実施後は、効果を検証しましょう。PDCAサイクルのように、改善策の実行→効果の検証→さらなる改善のサイクルを回すことで、持続的な業務改善が実現できます。

業務改善マニュアルもチェック

フレームワークの活用は業務改善を進めていく上で有効な手段です。また、継続的に実施し、現場に定着させることが大切です。

より業務改善を効率的に進めていきたい場合は、業務改善マニュアルを作成するのもおすすめです。

Selection
中小企業の業務改善・
解決したい課題から選ぶ!
実績豊富おすすめ
コンサルティング会社3選

中小企業の業務改善への「実績が豊富」にあり、「無料相談」に対応可能、経営視点にたった「財務コンサルティングにも対応」できるおすすめの3つのコンサルティング会社を紹介します。

ITツール・会計業務に関する
業務の課題を解決したいなら
東海ビジネスサービス
東海ビジネスサービス
おすすめポイント
  • 創業45年、500社以上の中小企業の業務改善をした実績
  • ITツールの導入・活用、導入後の保守も含めてサポートしてくれるから安心
  • 公認会計士による財務コンサルも可能!

コンサル内容を公式HPで詳しく

採用・人事制度に関する
業務の課題を解決したいなら
グローカル
グローカル
おすすめポイント
  • 20人〜2万人規模までの企業の人事制度導入を支援した実績
  • 自社では取り組みづらい、人事制度導入・定着のためのフォロー、教育ツールの作成を実施

コンサル内容を公式HPで詳しく

マーケティング・
ブランディング
に関する
業務の課題を解決したいなら
GwPコンサルティング
GwPコンサルティング
おすすめポイント
  • ホテル・旅館など観光業に関する業務改善実績が豊富
  • Webマーケティング戦略の構築をはじめ、SNSやプロモーションの課題を解決
  • Webマーケティングの知見を高める人材育成や研修が可能

コンサル内容を公式HPで詳しく

【選定基準】Googleで「中小企業 業務改善 コンサル」と検索し、上位に表示された25社の内、3つの条件に該当した3社を紹介。・公式サイトにコンサルティングの実績の記載がある・無料相談に対応・財務コンサルティングが可能なコンサルティング会社を選定。(2022/4/26調査時点)